スマートフォンのためのWebサイト制作の重要点

パソコンとスマホは異なるものと理解しましょう

パソコンでのウェブサイトについては原則としてヘッダーがありそして、フッターがあり、サイドなど、バラエティに富んだ特性を実装しています。これをスマートホンでそっくりそのまま表すと、とても把握しにくいウェブサイトとなります。スマートホンのディスプレイはとても小さいことから、小さなディスプレイに数々の情報そのものを置くと見づらくなってしまいます。システムにつきましては、スマートホンとパソコンのウェブサイトは全然異なるものと位置付けておくと良いでしょう。

スマートホン特有の表示方法があります

パソコンと異なることといえば、ウェブサイトの表示になります。パソコンのサイトはサイドを持っていますが、スマートホンにつきましては原則的に1カラムで展開します。その結果、メニューであったりサイドに載せているものは1カラムとして収めるか、アコーディオンで見せることが求められるということなのです。絶対必要でなければスッキリと表示することがないようにしてしまっても問題ないでしょう。ですから、スマートホンに適した方法を常に考える必要があります。

スマートホンのための操作性も考えましょう

スマートホンの場合は制作する時にタップする部分は拡大させておくことが大切です。これに関してはディスプレイを操作するときに、ひとつの例として文章だけのリンクであったり指よりも小さなボタンはずいぶん押しづらく、ウェブサイトの操作性を損なうことになります。これについては読み手が逃げてしまう要因にもなります。リンクやスライドの為のボタンであるとかアコーディオン等は相対的に大き目にしておくと用いやすくなると考えられます。

近年ではスマホによる検索数が増えていて、ホームページもパソコンサイトだけでなく、スマホサイト制作が重要となっています。