誹謗中傷に十分気をつけて利用したいもの3つ

ソーシャルネットワーキングサービス

SNSと呼ばれているものです。投稿することで自分から情報を発信したり、相手の投稿にコメントを書き込んだりできます。相手への応援メッセージや励ましなどならよいのですが、時には相手を見下すような書き込みもあるようです。ここで気をつけたいのは相手の気分を害するようなことは一切書かないことです。「誹謗中傷だ」と思われてしまっては友人との交流にひびが入ってしまいます。読んだ人の気持ちをよく考えて書き込むようにしましょう。

インターネットの掲示板

不特定多数の人が利用する掲示板でも気を付けなければなりません。意見交換の場でもあり、トピックについてさまざまな意見が書き込まれます。皆が同じ考えをもっているわけではなく、それは悪いことではありません。しかし違う考えを持つ人を誹謗中傷するような意見を書き込んではいけません。書き込まれた方がやり返した場合、そこからお互いの批判に発展する可能性もあります。違う意見もあることを受け入れ、気持ちよく意見交換できるとよいですね。

仕事などで使うメールシステム

納期などに問題があって相手にいらいらすることもあるかもしれません。そんなとき「もう少し~してくれないでしょうか」などと相手とメールで話し合うこともあるでしょう。イラついていると相手を非難したくなりますが、誹謗中傷するようなメールを送りつけてはなりません。誹謗中傷した自分に非が出てくるからです。かっとなってやってしまったことを後々後悔することになりますよ。メールに感情をぶつけがちな人は気をつけてください。

誹謗中傷対策はネット上での嫌がらせや悪質な書き込みなどを、サイトの運営者に削除してもらうことができます。